スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生の内定率、過去最低に

 こんにちは。すなやまです。寒い日が続いていますね。今朝は最寄りの石神井公園駅北口での街頭宣伝。ダウンジャケットとヒートテック(という名のババシャツ)に貼るカイロ3枚、ズボンの下にはレッグウォーマーという完全装備で臨んでいるのですが、2時間近く立っていると体の芯まで冷え冷えです。「飲むカイロ」とかあればいいのに。

 大学生の就職内定率68.8%、2年連続で過去最低(YAHOOニュースより)

 私がいわゆる「就活」をしたのは2007年の終わりくらいからで、「ここ1,2年は売り手市場」という噂も立っていたように思います。それでもやはり「不採用」の通知が届く度に、周りの友人が内定を取ったと聞く度に落ち込み、たいへん神経をすり減らした思い出があります。
 自分自身の将来への不安もさることながら、親にとっても自分の娘、息子が仕事に就くことができない、不安定な就労状況にあるということは大きな心配のタネですよね。

 もう一つ心配なこと。厳しい就職競争を乗り越えて正社員として就職できても、入ってみたら勤務地や時間帯や業務内容など、募集要項とは違う労働条件。ノルマ、残業、人間関係で精神を病んでしまい入社して1~2年で会社を辞めてしまった友人がたくさんいます。私のまわりだけでびっくりするくらいたくさんいます。「内定が取れた!」と喜んでいる姿を見ているだけに、もみくちゃにされてボロボロになって苦しむ姿を見るのはとても辛いものです。表には出なくても、仕事について悩みを抱える若者は数知れないのではないでしょうか。

 「若いうちは買ってでも苦労しろ」とは言いますが、結構みんな頑張っているなあと思うんですがね。若者の非正規雇用の拡大の影響は、結婚の晩年化、少子化にも及びます。「結婚したいけど今の賃金では…」という声をたくさん聞きます。「草食系男子」「婚活」という言葉がブームになる背景にもそのことを感じます。

 若い世代が政治に、時代に押しつぶされることなく夢を持って暮らせる未来を目指し、地道にコツコツと頑張っていこうと思います。
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。